妊娠中でもストレスなくコーヒー生活を満喫できました

公開日時 登録者 noncafe-drink

私は、妊娠したのをきっかけに、ノンカフェインのコーヒーを飲むようになりました。これまで、朝に目覚めた時や仕事中ひと息つきたい時に、コーヒーを飲むのが習慣だった私。コーヒーが自分のスイッチオン・オフには欠かせませんでした。濃いめのブラックコーヒーが大好きだったので、ノンカフェインのコーヒーなんて、コーヒーじゃない!と思っていました。でも、お腹に小さな命が宿ったとき、私の嗜好は一気に変わりました。

妊娠中は、なるべく白湯を飲むように心がけていました。コーヒーが欲しいと思っても、我慢するようにしていました。そんな私を見て、職場の同僚がプレゼントしてくれたのが、ノンカフェインのインスタントコーヒーでした。はじめてそれを飲んだ時は、あまりの美味しさに、驚きました。味も香りもちゃんとコーヒーなのです。想像以上においしくて、今まで我慢していたのは何だったんだ、と思ってしまうほどでした。それから、私のコーヒー生活が再開しました。

お菓子を作るのが趣味の1つなのですが、そこでもインスタントのコーヒーは大活躍でした。ティラミスやクッキーなどに入れて使っていました。

妊娠中は何の異常もなく、元気な子どもが産まれました。産後の授乳中の今でも、ノンカフェインのコーヒーは毎日飲み続けています。妊娠中と授乳中は、食事のバランス管理やスイーツを食べ過ぎないことなど、食事を意識することが多くあります。でも、私はノンカフェインのコーヒーのおかげで、ストレスなく飲食を楽しむことができました。